「ウォーキングデッド」シーズン7の9話の感想

ウォーキングデッドシーズン7の9話は、後半戦の最初ということで改めて仕切り直しといった雰囲気があります。特に前半戦では物語の最初からずっと仲間として活躍してきていたグレンが死んでしまったりと、主要な仲間がゾンビにやられてしまうのではなく、敵に殺されてしまうというショッキングなストーリーだったのでどうなっていくのか非常に気になりました。特にリーダーとして頑張ってきていたリックが復活することができるのか、というところがウォーキングデッドのシーズン7、の後半戦の大きな見どころになるのではないかと予想できるスタートになります。
9話では後半戦スタートということでちょっと全体のおさらいというような雰囲気で、各陣営の紹介といった面もあって比較的静かなストーリー展開になります。
この静かな展開が、これからどうなっていくのかということをいろいろと予測させてくれるところです。
ちょっとネタバレになるのですが、ウォーキングデッドでは全体を通して人材の確保と食料や武器の物資の確保が大きな課題になっています。
仲間は完全にバラバラになっている状態ですが、各地で何とか人を集めようと頑張っていきます。
特にグレンを殺されてしまったマギーは、リックたちを見捨てたヒルトップで仲間集めをします。
まだまだ人数は少ないけれど、マギーは精力を増やすことに成功でき、反撃できるのかと見ていてもワクワクしてきました。
王国のほうは反撃といった雰囲気はまだありません。何とか説得したいところですが、まだまだ反対意見のほうが多くてこちらもどうなるか気になるところです。
そしてリックたちは思わぬ方法で武器を調達していきます。
ウォーキングデッドは人間ドラマもおもしろいですが、やはり一瞬の油断が死に直結してしまうゾンビとの対戦は手に汗握るというかドキドキワクワクして物語の魅力なのだと感じました。
やはりリックたちが活躍してくれるとおもしろくなるなと思えます。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の4話の感想

ウォーキングデッドのシーズン7第4話は、第3話で出てきた王国と同じように本格的に出てきた救世主の本拠地からスタートします。
第3話には出なかったリックが登場する回でしたが、すぐにニーガンが登場しがっかりしました。
約束の期日よりも早く取り立てに来たニーガンは、大勢の部下を引き連れてきた部下の中にダリルとドワイトも含まれていました。
シーズン5でみんなの足を引っ張っていたゲイブリエルがシーズン6では変化の兆しが見えてきて、今回のシーズン7では頼れる男になっていました。
4話にマギーに興味を持っていたニーガンにゲイブリエルは墓に連れて行ってマギーは死んだとウソをつく機転を利かしました。
リックに事態は変わっていくと励まし、前シーズンまでは良いことばかりいう中身のない男というイメージがありましたが、シーズン7のゲイブリエルは仲間を信頼し、戦っていこうという意思が見られました。
ゲイブリエルの成長がシーズン7では感じることができます。
カールは薬を全部持っていこうとした救世主に約束が違うと抵抗します。
カールは何もされることなく無事でしたが、武器庫にあった武器はすべて持ち去られてしまいます。
イーニッドがニーガンの部かに絡まれているときにはカールがいまにも飛びかかっていきそうな勢いがあり危ないところでした。
スペンサーが物資を隠していることをリックにもばれてしまいます。
スペンサーは精神が弱く、壁崩壊の原因を作っていながら責任を受け止められず当り散らす弱い人間ですが、ウォーキングデッドの中には似たタイプがいないため新鮮さがありながらもっとしっかりしてほしいタイプです。
4話でミショーンと口論になりますが戦わない理由が明らかになりました。
リックが久々にシェーンのことを話しますが、自分に血の繋がりがなくても、ジュディスを娘として受け入れ、生き残れるようにするために、戦わなくなったようです。
ジュディスの危険があるとしたら行動に移ることができなくなるため、立ち直るまでには時間がかかりそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の3話の感想

人気ドラマのウォーキングデッド。
シーズン7まで続いてる。
最初は、最初はあまり興味がなかったドラマだったが今は楽しく見てる。
シーズン7の3話。
前回は、キャロルが町を出た所で終わった。続きが凄く気になってた。
第3話は、登場人物が増えた。そして、明らかな事実も。
まずはドワイト、物語の節々、登場。いちいち、自分が仕方なく無理してやってます感を度々だす。
私的には、嫌な男だ。
女性目線でサービス的に捉えたシーンが序盤からあるダリルの裸。
目のやり場に困ります。サービスは要りません。なんてウソ言いました。
ダリルの裸、見れたので満足ですね。まさに見所ですよ。
後、事実が判明します。ドワイトの奥さん、美人のシェリーは、
無理やりニーガンの妻にされたわけなんですがニーガンも、それなりのイケメンですから本人自身も、
まんざらでもないのでは。って思います。
ドワイトの方は仕事柄なのかダリルに対して思ったより冷たい感がある気がします。
でもダリルは、企みなのか、純粋に優しいだけなのかドワイトに優しく話かけてる。
何故か分からない。ちょっと個人的には怖い。
時に、ダリルが泣いた涙は私を含め女は釘付けになる人が続出なのでは。
3話は、ダリルファンの必見の回になってる気がします。

後は、気になったのはドワイトが何故か普通にダリルのベストを着てるところ。
何故か気になるし分からない。
所々、雑な感じが嫌ですね。
ドワイトはダリルの関係性が、もう少し分かりやすくしてほしいな。
なんて見てる視聴者はいるんじゃないでしょうか。
今回は、始まりから終わりまでダリルは捕まったままの状態が続きます。
どちらかというと、ドワイトの心境を語った回なんじゃないかなって思いました。
ドワイトも微妙に感情が現されたのが良いと思います。
人間関係の話で色々と考えさせられました。
次回は、進展ありな感じです。
まだウォーキングデッドらしく全然、被害者いないので、そろそろ出現しそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の1話の感想

ウォーキングデッドシーズン6はとても怖い終わり方で終わってしまい、どの二人がニーガンの犠牲になってしまったのか気になって眠れませんでした。ファンの間では犠牲者を予想することもあり、私もエイブラハムなのではと何となく予想していたのです。シーズン7の1話では、いよいよ犠牲者がわかります。半年以上もニーガンの犠牲者が頭の中でもやもやしていたので、悲しいし怖いけれど、早く誰なのか知りたいという気分でした。

あのバッドで頭をたたき割るのは本当に恐ろしいシーンですが、その中にも様々な心理戦と葛藤なども描かれていて本当にその場にいる気持ちになってしまいます。ダリルが途中でニーガンに歯向かうシーンは、どうか殺されないでと懇願してしまいました。私はダリルファンなので何としてでも生き残って欲しかったのです。最後までドキドキで冷や汗ものでしたが半年間まって結果がわかりすっきりしています。

ニーガンの犠牲者を知って悲しい気持ちになりましたが、それでも今後の展開のためには必要だったのかもしれません。この事件がリックやその他のキャラクターの絆を深め、憎きニーガンへの復習につながることはわかります。今までも様々な困難を乗り越えてきたリックのグループです。ここまで生き延びるのに犠牲になったキャラクターは数多くいますが、また新しいキャラクターも増え感情移入しているので、どんなことが起きても心が揺れてしまいます。

ニーガンにとってリックを殺すのは簡単でしたが巧な心理戦でリックのグループをコントロールしようとするところが見どころです。いわれた通りにしなければならないリックや周りのキャラクターの演技も本当に目が離せません。シーズン7の1話はそんな始まり方ですが今後のストーリーを左右する大切なエピソードになりますので、しっかりと観ることがお勧めです。特に1話は、ニーガンに勝てるようにリック達を応援したくなるエピソードでした。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法