「ウォーキングデッド」シーズン1の3話の感想

第3話「命を懸ける価値」見どころはシェーンの感情の移り変わりとリックたちがメルル救出に向かうシーンです。
ウォーカーの大群から逃れたリックたちでしたが、その一方でメルルはデパートの屋上で手錠をかけられていただけではなく、事もあろうにT-ドックがその手錠の鍵を水道管に落としてしまいます。
メルルが囚われている屋上に向かってウォーカーが押し寄せる中、落ちている工具をベルトで引き寄せて脱出しようと試みますが上手くいきません。
その頃、グレンとリックがキャンプに辿り付くとローリとカールが現れ、涙を流しながら再会を喜びます。
ローリはショーンとの関係を打ち明けられないままリックとテントで一夜を明かしますが、ショーンもやるせない気持ちの行き場に苦悩します。
翌日、森でウォーカーを倒したリックたちの前にメルルの弟であるダリルが現れメルルの行方を尋ねると、リックはメルルをデパートの屋上に放置したことを話しました。
怒りに震えるダリルを何とかなだめて、アトランタ市内に置いてきてしまったバックに武器とトランシーバーが入っているため取りに行かなければならないと話しました。
一方、シェーンとカールは湖で遊んでいましたが、リックは死んだと嘘をついたシェーンに対してローリが子供に近づくなと宣言したことから苛立ち始めました。
すぐそばには湖で洗濯をしていたアンドレア達はキャロルの夫であるエドと口論となり、そこでエドがキャロルを殴ったところを目撃したシェーンは感情を抑えられなくなり、それをぶつけるかのようにエドを何発も殴りました。
ちょうどその頃、デパートの屋上に辿り着いたリックたちは切り落とされた手首と手錠が転がっているショッキングなシーンに遭遇します。
ダリルは動揺を隠せずに取り乱し、リックたちは言葉を失い呆然としています。
その腕は本当にメルルのものなのか、それとも違う何かが起こったのか謎を残して今エピソードはエンディングを迎えますが、第4話以降の展開から目が離せません。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン1の2話の感想

避難所と家族を探しすために市街地へ来たリックですが、ウォーカーの群れに囲まれ、頼みの綱の多数の火器と移動を容易にする馬を失い、放棄された戦車の中に閉じ込められてしまいます。
音に反応するウォーカーの習性を把握しきっていないリックの致命的なミスが、この困難を呼び込みました。
そして戦車の中にもウォーカーがいて、なんとかそれは倒しますが車外には出られません。
そこに助けの手が。無線でグレンという若い男からの連絡とその助けを得て、なんとか二人でデパートのビルに逃げ込みます。
デパートにはグレンの仲間もいて、彼らはグループで来ていました。
音でウォーカーを集めてしまったリックは非難されますが、多勢に無勢。
リックはとりあえず仲間になって脱出策を考えようとします。
しかしデパートの屋上で、グループ内のならず者メルルが面白半分にウォーカーに発砲していて、それを咎めたアフリカ系のT-ドッグに逆ギレし、差別したうえで銃で脅しグループ全員を支配しようとします。
怒ったリックはメルルを拘束し、屋上のパイプに手錠で繋ぎ動けなくしました。
脱出のために考えた作戦がウォーカーに紛れ込むカモフラージュ作戦です。
かなりきわどい描写なのですが、レインコートの上から、殺したウォーカーの内臓を塗って、人の臭いを消し、緩慢なウォーカーの動きを真似るという作戦でした。
リックとグレンの二人の作戦は何とか成功したかに思えましたが、そこで突然のスコールが降りだします。
雨水が塗っていたウォーカーの内臓や血を洗い流し、人間であることがバレテしまい、二人は斧やナタを振り回し、なんとかウォーカーの集団から逃げ出すことに成功します。
グレンは盗難防止のサイレンが鳴り続ける車でウォーカーをおびき寄せ、その間にリックがトラックでデパートから他のメンバーを助けに向かいます。
メンバーたちは急いでリックとの合流地点に移動を始めますが、メルルを繋いでいる手錠の鍵をT-ドッグが落としてしまい、結果メルルはウォーカーが迫る屋上に取り残され、他の全員はキャンプへの無事の帰路につきます。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン1の1話の感想

ウォーキングデッドシーズン1の1話の大きな見どころは、時間の経過を利用することにより、多くの視聴者の関心を高めることに成功した見事な構成です。
主人公のリックが突然異常な状況の中に放り込まれることにより、いったいどんなことが世界に怒っているのか、今後どういった展開が待っているのかといったことに大いに興味を抱かせるのです。
リックがウォーカーと呼ばれるゾンビの少女を退治するプロローグの部分が終わると、ゾンビたちがはびこる前、まだ世界が平和だった頃の彼の姿が描かれます。
リックの仕事は保安官で、相棒のシェーンと共に事件の現場に向かった彼は、犯人の撃った銃弾を体に受けて重傷を負ってしまいました。
彼は病院に運ばれたのですが、危険な状態で意識がはっきりしない状態です。
一時的に意識を取り戻した彼は、シェーンが持ってきてくれた花束を目にするのですが、この花束こそが時間の経過を表現する立派なアイテムとなっている点が見どころの一つです。
再びリックが目覚めた時には花束がボロボロの状態になっていたのです。
周囲にはシェーンを含めて誰もいないので、彼は何とか自分の力で病院を歩き回るのですが、そこには厳重に施錠された扉があり、中からは不気味な声が聞こえてきます。
このように、いつの間にかかなりの時間が過ぎており、しかも、良くは分からないけれど何かとんでもない状況に陥ってしまっていることにリックが段々気付いて行くという構成は、観る人を画面にくぎ付けにする面白さを作り上げています。
さらに、病院を出たリックはたくさんの死体やゾンビを目の当たりにした後、少年に殴られてまた意識を失いました。
目覚めた彼はその少年の父親であるモーガンから、世界に起こっていることに関する衝撃的な情報を教えてもらいます。
そのような展開により、主人公が直面している事態の謎が徐々に明らかにされていくという流れは、確かに定番と言えるものではあるのですが、視聴者の興味を掻き立てて行くような魅力に満ちています。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法