「ウォーキングデッド」シーズン8の4話の感想

シーズン8の4話「王への忠誠」では、ダニエルが千年王国の王候補に選ばれます。
リック達はパンデミック発生から5年もの歳月をかけてアメリカ全土を旅し、ワシントンDCをはじめニューヨーク・シカゴなど主要都市はすでにアンデッドの手に落ちて陥落している現実を目の当たりにしていました。
残った人類はリック達反乱軍の25名だけだと絶望の淵にいる時、ミランダが所持していた無線機から千年王国の使者だと名乗る人物から連絡が入ります。
オレゴン州の深い森の中にその千年王国があり、アンデッドの襲撃がか逃れた200名もの人々が肩を寄せ合って生きている姿を見て反乱軍の戦士達は嬉しさのあまり涙を流しました。
豊富な水・缶詰・ステーキなど食べ物に困ることもなく発電所も稼動していることから、この土地で人類は新たな生活を送れるとリックは考えますが、千年王国の王と呼ばれているエゼキエルはリック達が外の世界でアンデッドのみならず人間すらも手にかけてきた残虐性を危険視して長居をさせたくないと考えています。
ミランダやアイリ、息子のダリルだけでも住まわせて欲しいと懇願してエゼキエルは一つ条件を出します。
アンデッドの群れの中にいるエゼキエルの娘を千年王国に連れ戻して欲しい、連れてきてくれたら反乱軍の入国を許すと言われますが既にアンデッド化している人間に銃も持たずに立ち向かって無傷で連れ戻すなど出来ないとリックは断ります。
ところが、息子のカールはアンデットになっていても親は子供を想う気持ちは変わらないと言いエゼキエルの条件を承諾して一人アンデッドの群れに飛び込んでいきました。
この姿を見たエゼキエルをはじめ、千年王国の住民達は彼こそが救世主であり、年老いた今の王に代わる次の王候補だと認めて快く迎え入れる準備をはじめます。
リックは自分の息子がいつも間にかたくましい男へと成長を遂げていたことに驚き、嬉しさを感じますが同時に向こう見ずな性格を危惧します。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン8の3話の感想

敵の無線から情報を聞いて敵地に向かっていたエゼキエルは、殺人者たちが我らを潰そうとしているが私たちは笑おう、と仲間たちを鼓舞しました。
傍らに立つキャロルも、数では負けていても私たちには戦略がある、と言うとエゼキエルは喜びます。
しかし、森の中を進んでいった先に口笛の音を聞きつけ立ち止まらなければいけませんでした。
圧倒的な数の違いを見せつけられ両手を上げて降参するように見せますが、次の瞬間、草むらに隠れていたキャロルたちが攻撃をはじめたのです。
そして、誰一人犠牲者を出すことなく勝利しました。
アーロンたちのグループの銃撃戦は激しさを増し、恋人のエリックは撃たれてしまいます。
木の陰に身を隠すと戦闘に巻き込んでしまった事を詫びますが、戦いをやめないで欲しいというエリックの願いを受けてその場を離れるのでした。
タラら一行はジーザスの指示に従い基地で生き残った捕虜たちをヒルトップに向けて歩かせていました。
捕虜の一人である長髪の男は不快感を露わにモーガンに向けて口笛を吹き挑発します。
そのような人物をヒルトップに連れ帰るのは危険だという言葉にジーザスは罪を犯したにしろ捕虜は人間であるから処刑はしないと主張し、意見が分かれました。
武器を探しにアジトに潜入したリックはモラレスに出会い、以前行動を共にしていた時のリックと今では、変わってしまったと言われました。
銃を突き付けられながらもリックはモラレスに話かけます。
モラレスの家族の事を話すと少し動揺した様子を見せたので、リックは自分たちの仲間がどのようにここまで生き残ったのかを話し始めました。
そして、グレンの妻がニーガンの言う未亡人であるということに驚きを隠せない様子を見せたのです。
家族を失ったモラレスが無気力になっていたころ救世主が現れ自分には価値があるのだと言われ生活を共にするようになったと話しました。
なんとか解決しようと話しているとダリルが現れ、ボーガンの矢を突き刺してしまいます。
動揺しているリックでしたがモラレスが呼んだ敵の応援がすぐそこまで来ていました。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法