「ウォーキングデッド」シーズン7の6話の感想

ウォーキングデッドシーズン7の第6話でタラは海辺で目覚めてどこにいるのかわからない状態になります。
パニックになりながらもそばに水などが置いてあったので、「もしかして人がいるかもしれない」と重い森の中を探りに行きます。
すると女性ばかりがいる村を見つけるのです。
この時のタラは生きるか死ぬかという状況下の中、村を見つけたことはうれしかった半面、今までの経験から「安心できない」と思ったことでしょう。
過去にも人が住んでいることで「助けてもらえる」という気持ちとは裏腹に裏切られることが多かったからです。
ウォーキングテッドではウォーカーから身を守ることを第一に考えるばかりに、ほかの人のことを思う気持ちの余裕もなくなっているのです。
食料を奪い取ったり、時には殺されて食肉にされそうになったりと恐ろしい経験がありました。
私も極限状態になった時には普段の自分ではいられなくなるかもしれません。
他人のことを考えることができるのは平和な証拠でしょう。
タラは結局村の人々につかまってしまい尋問を受けて殺されそうになるのですが、村長の娘が救ってくれます。
実はこの村の人々もつらい目にあっていたのです。
この世界ではだれもが傷ついた上に人格を変えていくしかないのです。
何とか村長の娘の協力もあり村を抜け出して仲間のもとへ帰ることができたタラですが、この村のことは誰にも言えませんでした。
武器はたくさんあったのですが、黙っておくことに決めたのです。
仲間のことを思うとこの村の話をしたかったのかもしれませんが、助けてくれた村長の娘のことを思うと優しいタラは言えなかったのでしょう。
リックとその仲間たちはこのような極限状態になっても、人としての心を失うことがないので感心します。
それだから、タラも仲間と一緒にいられるのかもしれません。
リックたちは、様々な経験を乗り越えながら、今では、家族以上に深い絆で結ばれている仲間なのでしょう。
こんな仲間がいることがうらやましいです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の5話の感想

ウォーキングデッドシーズン7の5話では、夫をニーガンに殺されながらもおなかの中の赤ちゃんのために懸命に生きるマギーが印象に残りました。
もともとは、マギーの体調がおかしくなったことで仲間とともにヒルトップを目指している途中でニーガンにつかまり最悪の事態を起こしてしまいました。
遅かれ早かれ、こんな日が来ることは予測していたのかもしれません。
ウォーカーが出現する世界で出会ったグレンとマギーは様々な困難を乗り越えて愛を深めていきいます。
二人の間には赤ちゃんもできて幸せいっぱいのはずだったのに、ニーガンによってそれは壊されてしまいました。
「打倒ニーガン」の思いを胸にヒルトップの人々をまとめていくマギーは本当に強くて賢い女性です。
そんなマギーをサシャやジーザスも支えていきます。
特にサシャは好きだった人を同じニーガンによって撲殺されているので、マギーとのきずなも強くなっているようでした。
この世界ではだれかを愛するということもつらいこととなるのです。
生きることに疑問を出だしていたサシャも、人を愛することで変わろうとしていたのにまたしても残念な結果になってしまいました。
一方で、ヒルトップのリーダーとして君主していたグレゴリーは弱くて情けない人物で、こんな状況下にあっても自分の身を守るためにマギーを追い出そうとします。
「出て行ってくれ」という彼はお酒にも溺れて情けないばかりです。
自分から何かを行動するということができない人で人に文句ばかり言って命令しています。
トップに立つ人間の器ではありません。
人間の本性はピンチの時に出るというのは本当です。
リーダーらしくない行為をするグレゴリーに、ヒルトップの人たちの心はどんどん離れていきます。
グレゴリーはマギーの名前もわざと間違えて見たりして嫌な人です。
物資を調達するために、ニーガンの仲間たちがやってくると自分だけでも助かりたいという気持ちが目に見えてわかりました。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の4話の感想

ウォーキングデッドのシーズン7第4話は、第3話で出てきた王国と同じように本格的に出てきた救世主の本拠地からスタートします。
第3話には出なかったリックが登場する回でしたが、すぐにニーガンが登場しがっかりしました。
約束の期日よりも早く取り立てに来たニーガンは、大勢の部下を引き連れてきた部下の中にダリルとドワイトも含まれていました。
シーズン5でみんなの足を引っ張っていたゲイブリエルがシーズン6では変化の兆しが見えてきて、今回のシーズン7では頼れる男になっていました。
4話にマギーに興味を持っていたニーガンにゲイブリエルは墓に連れて行ってマギーは死んだとウソをつく機転を利かしました。
リックに事態は変わっていくと励まし、前シーズンまでは良いことばかりいう中身のない男というイメージがありましたが、シーズン7のゲイブリエルは仲間を信頼し、戦っていこうという意思が見られました。
ゲイブリエルの成長がシーズン7では感じることができます。
カールは薬を全部持っていこうとした救世主に約束が違うと抵抗します。
カールは何もされることなく無事でしたが、武器庫にあった武器はすべて持ち去られてしまいます。
イーニッドがニーガンの部かに絡まれているときにはカールがいまにも飛びかかっていきそうな勢いがあり危ないところでした。
スペンサーが物資を隠していることをリックにもばれてしまいます。
スペンサーは精神が弱く、壁崩壊の原因を作っていながら責任を受け止められず当り散らす弱い人間ですが、ウォーキングデッドの中には似たタイプがいないため新鮮さがありながらもっとしっかりしてほしいタイプです。
4話でミショーンと口論になりますが戦わない理由が明らかになりました。
リックが久々にシェーンのことを話しますが、自分に血の繋がりがなくても、ジュディスを娘として受け入れ、生き残れるようにするために、戦わなくなったようです。
ジュディスの危険があるとしたら行動に移ることができなくなるため、立ち直るまでには時間がかかりそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の3話の感想

人気ドラマのウォーキングデッド。
シーズン7まで続いてる。
最初は、最初はあまり興味がなかったドラマだったが今は楽しく見てる。
シーズン7の3話。
前回は、キャロルが町を出た所で終わった。続きが凄く気になってた。
第3話は、登場人物が増えた。そして、明らかな事実も。
まずはドワイト、物語の節々、登場。いちいち、自分が仕方なく無理してやってます感を度々だす。
私的には、嫌な男だ。
女性目線でサービス的に捉えたシーンが序盤からあるダリルの裸。
目のやり場に困ります。サービスは要りません。なんてウソ言いました。
ダリルの裸、見れたので満足ですね。まさに見所ですよ。
後、事実が判明します。ドワイトの奥さん、美人のシェリーは、
無理やりニーガンの妻にされたわけなんですがニーガンも、それなりのイケメンですから本人自身も、
まんざらでもないのでは。って思います。
ドワイトの方は仕事柄なのかダリルに対して思ったより冷たい感がある気がします。
でもダリルは、企みなのか、純粋に優しいだけなのかドワイトに優しく話かけてる。
何故か分からない。ちょっと個人的には怖い。
時に、ダリルが泣いた涙は私を含め女は釘付けになる人が続出なのでは。
3話は、ダリルファンの必見の回になってる気がします。

後は、気になったのはドワイトが何故か普通にダリルのベストを着てるところ。
何故か気になるし分からない。
所々、雑な感じが嫌ですね。
ドワイトはダリルの関係性が、もう少し分かりやすくしてほしいな。
なんて見てる視聴者はいるんじゃないでしょうか。
今回は、始まりから終わりまでダリルは捕まったままの状態が続きます。
どちらかというと、ドワイトの心境を語った回なんじゃないかなって思いました。
ドワイトも微妙に感情が現されたのが良いと思います。
人間関係の話で色々と考えさせられました。
次回は、進展ありな感じです。
まだウォーキングデッドらしく全然、被害者いないので、そろそろ出現しそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の2話の感想

ウォーキングデッドのシーズン7第2話を見たのですが、2話はエゼキエル王に注目です。
はじまりは、前回の続きのニーガンによってニックの心が完全に折れてしまったところからの続きですが、前回のニーガンはあっと驚く行動で、リックの心を折ってしまったところが見どころでした。
エイブラハムだけでなく、グレイも犠牲になってしまってもリックは心は折れなかったはずが、敵としての格が違い過ぎます。リックの続きが気になっていたのですが2話ではモーガンとキャロルの話が中心でした。
事前映像で気になっていた人物もここで登場します。
シーズン6で怪我をして倒れていたキャロル、モーガンと助けてくれた鎧の人物たちが運んでくれるところからスタートしました。
途中でウォーカーの集団に襲われモーガン達が戦っている間にキャロルは逃げ出します。
怪我が痛そうなのに逃げ出すところはさすがとしかいうことができません。
キャロルが逃げた先にもウォーカー達がいましたが、キャロルにはウォーカーが人間に見えるようになっていたところがポイントです。
モーガンが助けに来てくれましたが、戦いが人間同士で行っているように見えるほどキャロルの精神状態は危険な状態になっていることがわかります。
キャロルの精神状態の危険性はシーズン6でもわかることができますが、シーズン7で危険な状態がはっきりとあらわれています。
再び助けられたキャロルはモーガンと街にやってきますが2日ほど目が覚めません。
目が覚めたキャロルは王国のリーダーエゼキエル王と面会しますが、会った途端に茫然とします。
無理矢理笑っていますが、トラを連れていて話し方もわざとらしいエゼキエル王をみて苦笑いしかできません。
エゼキエル王はウォーキングデッドシリーズの中にはいなかったリーダーです。
キャロルははじめは王の元から立ち去ろうとしますが、徐々に心を開いていきます。
2話ではリックたちの行動はわかりませんが、鎧の人達が何者かはわかりました。
王国にはニーガンとの対決を期待していますが、今のままでは難しそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の1話の感想

ウォーキングデッドシーズン6はとても怖い終わり方で終わってしまい、どの二人がニーガンの犠牲になってしまったのか気になって眠れませんでした。ファンの間では犠牲者を予想することもあり、私もエイブラハムなのではと何となく予想していたのです。シーズン7の1話では、いよいよ犠牲者がわかります。半年以上もニーガンの犠牲者が頭の中でもやもやしていたので、悲しいし怖いけれど、早く誰なのか知りたいという気分でした。

あのバッドで頭をたたき割るのは本当に恐ろしいシーンですが、その中にも様々な心理戦と葛藤なども描かれていて本当にその場にいる気持ちになってしまいます。ダリルが途中でニーガンに歯向かうシーンは、どうか殺されないでと懇願してしまいました。私はダリルファンなので何としてでも生き残って欲しかったのです。最後までドキドキで冷や汗ものでしたが半年間まって結果がわかりすっきりしています。

ニーガンの犠牲者を知って悲しい気持ちになりましたが、それでも今後の展開のためには必要だったのかもしれません。この事件がリックやその他のキャラクターの絆を深め、憎きニーガンへの復習につながることはわかります。今までも様々な困難を乗り越えてきたリックのグループです。ここまで生き延びるのに犠牲になったキャラクターは数多くいますが、また新しいキャラクターも増え感情移入しているので、どんなことが起きても心が揺れてしまいます。

ニーガンにとってリックを殺すのは簡単でしたが巧な心理戦でリックのグループをコントロールしようとするところが見どころです。いわれた通りにしなければならないリックや周りのキャラクターの演技も本当に目が離せません。シーズン7の1話はそんな始まり方ですが今後のストーリーを左右する大切なエピソードになりますので、しっかりと観ることがお勧めです。特に1話は、ニーガンに勝てるようにリック達を応援したくなるエピソードでした。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

「ウォーキングデッド」シーズン7の感想

ウォーキングデッドのシーズン7の見どころは何と言ってもリックと救世主のリーダーであるニーガンとの戦いにあります。
安住の地と思われた「アレクサンドリア」での生活でしたが、妊娠中のマギーの状態が悪くなり、ヒルトップにいる医師に診察してもらおうと出かけた先でニーガンにつかまってしまいます。
車で移動中にどこに行っても救世主によって進めない状態になるのです。
残虐極まりないニーガンは見せしめのために、マギーの子供の父親でもあるグレンとエイブラハムを殴り殺してしまいます。
このシーンはとても残虐で、特に、グレンはリックを助けた恩人でここまでずっと一緒に生活してきた親友のような存在です。
正直なところシリーズ1から見ていた私は目をふさいでしまいました。
ニーガンが憎くてたまりませんでした。
グレンたちが殺されていく様子を見ていたリックは恐怖に包まれて仲間のために、生きていくためにニーガンに服従していきます。
しかし、ニーガン達「救世主」の要求にこたえても、どんどん自分たちの暮らしぶりは悪くなるばかりです。
「このまま服従していてもいつかは死んでしまうかもしれない。それならば戦おう」とリックと仲間たちは決意します。
救世主への物資の調達の傍ら、武器などもひそかに揃えていき打倒「救世主」で団結していきます。
一緒に戦ってくれそうな「掃除婦」たちのグループにも交渉し協力することを約束させました。
しかし、こちらは残念ながら途中で裏切られてしまいます。
それまで、ばらばらになっていた仲間とも再会をし、それぞれの思いを胸に死ぬ気で戦いに挑むリックたちの姿が見ものです。
最後の方では、仲間であった「サシャ」が自らを犠牲にしてウォーカーになることで劣勢気味だったリックたちの戦いを勝つ方向に導いてくれます。
シーズン7はある意味、本当の意味で仲間が団結した姿が見られるでしょう。
リックのリーダー性も後半ではかなり発揮されています。

「ウォーキングデッド」シーズン7の第1話~第16話までの感想

  • 第1話「惨き鉄槌(The Day Will Come When You Won’t Be)」の感想
  • 第2話「王国(The Well)」の感想
  • 第3話「囚われて(The Cell)」の感想
  • 第4話「独裁者の洗礼(Service)」の感想
  • 第5話「消せない憎しみ(Go Getters)」の感想
  • 第6話「浜辺の村(Swear)」の感想
  • 第7話「規律と罰則(Sing Me a Song)」の感想
  • 第8話「生きる意義(Hearts Still Beating)」の感想
  • 第9話「戦いの礎(Rock in the Road)」の感想
  • 第10話「瓦礫の牙城(New Best Friends)」の感想
  • 第11話「自我を失い(Hostiles and Calamities)」の感想
  • 第12話「覚悟(Say Yes)」の感想
  • 第13話「決壊した良心(Bury Me Here)」の感想
  • 第14話「密かな断行(The Other Side)」の感想
  • 第15話「余地なき選択(Something They Need)」の感想
  • 第16話「遺志を継ぐ者たち(The First Day of the Rest of Your Life)」の感想
  • ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

    ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法