「ウォーキングデッド」シーズン7の15話の感想

「ウォーキングデッド」シーズン7の15話は、決戦前夜のことを中心に展開されます。
いよいよ、あの悪名高き「ニーガン」を倒す計画が実行されるのです。
タラは自分を助けてくれた浜辺の村の人たちに申し訳ない気持ちがありつつも、ニーガンを倒すために武器が必要となり、もう一度、浜辺の村に行くことになります。
浜辺の村のリーダーの娘は、本当にタラに対して親切に接してくれたのでタラの気持ちは複雑だったでしょう。
でも、このままニーガンたち救世主のメンバーを生かしておくことは、結局はすべての生きている人間にとって最悪の事態を起こすこととなるのです。
今のリックたちと同じような目に浜辺の村の人たちもなってしまうかもしれません。
ただ、浜辺の村の人たちは一緒に戦うということには賛同してくれませんでした。
女性ばかりではありますが、かなりの人数がいたので仲間にできなかったことは惜しいです。
救世主はとにかく数が多いので、この戦いに勝つためにはたくさんの一緒に戦う仲間がいるんです。
ニーガンを倒そうと一人で救世主のアジトに乗り込んだサシャでしたが捕まってしまいます。
ニーガンはまたしてもサシャを自分の仲間にしてリックたちに復讐を企てるのですが、サシャの決意は固いためなかなかニーガンにはなびきません。
サシャは女性なのに本当に根性があります。
こんな状況に陥ったら、普通の人なら寝返るかもしれないからです。
好きな人をニーガンに殺されたことも関係あるかもしれません。
ユージーンは本当に自分のことしか考えていないようで、ニーガンに従ったり、サシャに対しても本当のやさしさがないんです。
「生きていく」ための選択としてユージンがやっている行動も分からなくはないのですが、仲間としては納得できないような行動が多いように感じました。
それにしても、ニーガンは女性に対して見境がない。
たくさんの女性を囲っていることが男としての自信を持たせるのでしょう。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です