「ウォーキングデッド」シーズン7の14話の感想

ウォーキングデッドシーズン7の14話は、女性二人が仲間に内緒でニーガンを殺そうと企てることが中心に展開していきます。
サシャトロジーターは同じ人を好きになり、ニーガンに殺されてしまいました。
もともと、エイブラハムはロジータと付き合っていたのですが、その後にサシャと出会って本気の恋をしていくのです。
そんな過程もあり、二人の関係はぎくしゃくしていたのですが、やはり愛する人を亡くした思いは同じということでニーガンのアジトに乗り込むことにしました。
無謀ともいえるこの計画がうまくいくとは思いませんが、二人の熱い気持ちは伝わってきました。
たしかに、これまでのニーガンの行動を見ているとひどすぎます。
リックを従わせるために、グレンやエイブラハムを撲殺してしまうなんて人としてあり得ないことです。
一方、ドワイトの妻のおかげで逃げ出すことができたダリルはヒルトップに身を隠していました。
ダリルを探しに来た救世主のメンバーに対して、グレゴリーはビビりまくっています。
本当にこの人は根性がない人です。
何もできないのに威張ってばかりで、ヒルトップの住民たちがマギーをリーダーとして慕う気持ちもわかります。
しかも、サイモンに自分だけが助かる道を提案しているんです。
もちろん、サイモンもグレゴリーのこうした気持ちはわかっており相手にはしません。
グレゴリーは味方からも敵からも見放されているような気がします。
自業自得としか言えないような言動をしているので仕方がないでしょう。
ダリルとマギーは見つかりそうになりますが、何とか事なきを得ました。
ダリルは突発的に行動しやすいので、今回もマギーが冷静に判断することで生き延びることができたような気がします。
救世主のメンバーが近づいてきたときに飛び出していったら、結局は捕まってしまったかもしれないからです。
マギーは、どんな状況下にあっても冷静で、その場に応じた判断力がある素晴らしい女性だと感じました。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です