「ウォーキングデッド」シーズン7の10話の感想

ウォーキングデッドのシーズン7の10話は、スタートで第9話の最後に主人公たちが覆面を被った謎の集団に取り囲まれて絶体絶命のシーンからスタートしました。
前回の9話から、あの集団って何者なのかと想像しながら見始めました。
しょっぱな謎の集団の正体が解るのかなと期待して見ていたら、シーンが飛んで勿体付けられた感じで、救世主と物資を受け渡すシーンに飛んで救世主と臣下のいざこざに発展して、ウォーキングデッドお約束の一波乱二波乱バトルが起こりました。
救世主の報復で怪我をさせられた事に憤り、救世主と戦く為に臣下と仲間たちが武器庫から銃などの武器を調達して向かいシーンにすごくドキドキしました。
そこからいきなり9話の終わりの謎の集団に囲まれているシーンに飛び、その集団のリーダー格の女性が命が欲しかったら、金をよこしな的な要求をしてきます。
だけど交渉を長引かせて隙をつくために、別の場所でその集団に捕まった仲間を連れて来てから考えると言って、連れて来させて、リーダー格の女性にに対して、一緒に救世主を倒して救世主が持っている食料などの物資を奪おうと提案します。
その提案を聞くなりリーダー格の女性は、救世主から物資を奪う事を提案した男をゴミ山の山頂まで連れて行って、今すぐ食料などの物資が必要で、無いなら地獄に落ちなと言わんがばかりにゴミ山から突き落とします。
とうとう死んだなと思ったら、無事にゴミ山に着地しました。
ただその落とされたゴミ山には、体に無数の矢が刺さったゾンビであるウォーカーがいて、絶体絶命の状況に追い詰められます。
どんだけこの男はついて無いんだと感心しているうちに、なんとかゴミ山を崩してウォーカーをゴミで埋めてピンチを回避します。
ここまでくるとこの主人公の男ってウォーカーよりタフだなと感心してしまいました。
主人公のタフさに感心して強さを認めて、リーダー格の女性も主人公の救世主から物資を奪う作戦に協力する約束をしました。
果たして救世主から物資を奪えるのか期待が膨らみながら、第10話が終わりました。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です