「ウォーキングデッド」シーズン7の2話の感想

ウォーキングデッドのシーズン7第2話を見たのですが、2話はエゼキエル王に注目です。
はじまりは、前回の続きのニーガンによってニックの心が完全に折れてしまったところからの続きですが、前回のニーガンはあっと驚く行動で、リックの心を折ってしまったところが見どころでした。
エイブラハムだけでなく、グレイも犠牲になってしまってもリックは心は折れなかったはずが、敵としての格が違い過ぎます。リックの続きが気になっていたのですが2話ではモーガンとキャロルの話が中心でした。
事前映像で気になっていた人物もここで登場します。
シーズン6で怪我をして倒れていたキャロル、モーガンと助けてくれた鎧の人物たちが運んでくれるところからスタートしました。
途中でウォーカーの集団に襲われモーガン達が戦っている間にキャロルは逃げ出します。
怪我が痛そうなのに逃げ出すところはさすがとしかいうことができません。
キャロルが逃げた先にもウォーカー達がいましたが、キャロルにはウォーカーが人間に見えるようになっていたところがポイントです。
モーガンが助けに来てくれましたが、戦いが人間同士で行っているように見えるほどキャロルの精神状態は危険な状態になっていることがわかります。
キャロルの精神状態の危険性はシーズン6でもわかることができますが、シーズン7で危険な状態がはっきりとあらわれています。
再び助けられたキャロルはモーガンと街にやってきますが2日ほど目が覚めません。
目が覚めたキャロルは王国のリーダーエゼキエル王と面会しますが、会った途端に茫然とします。
無理矢理笑っていますが、トラを連れていて話し方もわざとらしいエゼキエル王をみて苦笑いしかできません。
エゼキエル王はウォーキングデッドシリーズの中にはいなかったリーダーです。
キャロルははじめは王の元から立ち去ろうとしますが、徐々に心を開いていきます。
2話ではリックたちの行動はわかりませんが、鎧の人達が何者かはわかりました。
王国にはニーガンとの対決を期待していますが、今のままでは難しそうです。

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

ウォーキングデッド(シーズン1~シーズン9)の全動画をいつでも見放題で視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です